Minerea's Blog

タロット占術家 峰レアのリーディングメモ

Bad girl songs

My favoritesHow about Tony Kosinec 'Bad girl songs'ご承知の通り、私は音楽無しでは生きていけない性分ですが、何でもイイわけでも無く、かと言って気難しい評論家気取りというわけでもない、非常に中途半端なリスナーです。シンガーソングライター Tony Kosinec の名盤 'Bad Girl Songs' のジャケットは一度見れば忘れないインパクトがありますが、中身もかなりディープで濃いです。この曲は、私の中では個人的にハナレグミの...

ブルージーなJAZZ

レッド・ガーランドの"Red In Bluesville"は対面セッションのBGMにハマることが分かってはいたんですが、何せウチにあるのはLP。さすがにレコードアンプを置くスペースも無いのでCDで買い直し。この方のピアノはどこかブルージー。元ボクサーの経歴を持つジャズピアニスト。↓こちら、ブルースの定番も収録されています。Red Garland- Trouble in Mind(1959)Trouble in Mindのオリジナル音源は1924年の録音ですが、数々のミュージ...

深海のような…

私にしては珍しく、坂本龍一さんの1989年のアルバム『Beauty』をセッションで流している今日。人間の心理は複雑怪奇なもので、大好きだったアーティストを何かの拍子でジワジワと嫌いになるということが稀にありますが(笑)坂本さんに関してはこの『Beauty』が存在するから完全に嫌いにはなれないワタシ(偉そうに…)。'89年は昭和が終わり、平成が始まった年。当時19~20歳だった私も、あの時期は進学も恋愛も色んなことを諦め、...

Maya Selas Puspita

私のサロンのバリ人形は、亡き祖父がフィリピン~インドネシア旅行から持ち帰ったお土産です。昭和50年代、私が小学1~2年の頃、祖父が旅行で二次大戦時に派兵されたフィリピンを訪れ、バリに立ち寄った際にこの踊り子の人形に、恐らく一目惚れして購入したのだと思います。祖父が亡くなってからは、この人形に密かに惹かれていた私が自分の部屋に飾るようになりました。かれこれ30年、姉妹のように肌身離さず傍にいる木彫りのバリ...

童神 warabi-gami

こんなに暑い夏は本当に久々か、もしくは記憶にないほどですが、こんな酷暑の中、サロンへ足を運んで下さる皆様に心からの感謝を込めて、そして、炎天下の中お仕事に励んでいる沢山の方々への労いを込めて。。この一曲を。暑くて、本当に大変な夏ですが、この島唄は、私たち大人の深~いところを癒してくれると思います。古謝美佐子・城南海『童神~わらびがみ』最近あまりの暑さにレッチリのLIVE(メンバーもオーディエンスも"裸...

猛暑用BGM

猛暑お見舞い申し上げます。暑い時は、ロバジョン(Robert Johnson)よりも暑苦しい音を流して個人セッションをしたくなります。Dr. Feelgood『Stupidity』ドクター・フィールグッドのStupidity。邦題は『殺人病棟』です。。(笑)こんなドス黒いタイトルですが、曲調は意外なほどキャッチーで爽やか。Dr. Feelgood『I'm a Man』ブルースの影響が根底にあるからか、いい具合に弛緩できるパブロック。Dr. Feelgoodでタロットセラピ...

No image

真夏のSOUL~出動編

暑中お見舞い申し上げます。仙台も連日のように30℃越えの蒸し暑い日が続いております。真夏のSOUL。。御神体の参拝を終えて、後は現場へ出動するのみとなりました。この"真夏のSOUL編"…。内容的には、まるで晩酌用のお猪口の如く底が浅い!…筈なのですが、それでも日本の錚々たるSOUL通の方々に読んで頂けて恐悦至極でございます。ありがとうございます(泣)ご多忙の中、コメントにご降臨下さるMonster Zero様、ありがとうござい...

真夏のSOUL~参拝編

真夏のSOUL…などと適当なことを言ってますが、真夏と言えば夏祭り。今宵も我が家の近所で夏祭りがノスタルジックに執り行われています。真夏のSOULもいよいよ朝陽を拝み、颯爽と向かった先は、SOUL界の大明神が祀られている聖域です。。James Brown 『There Was A Time』ソウル界のゴッドファーザーを拝まないでどうする。この曲は、10代後半の私にとって SOUL(ブラックミュージック)の洗礼となる決定打でした。これを聴くと今で...

No image

真夏のSOUL~お目覚め編

前回の真夏のSOUL~悪夢編から目が覚めて、健やかな目覚めに私が聴きたい曲をPick up。。(あくまでも "私が聴きたい曲"です…笑)歴代のSSW名盤と肩を並べるような、Hall & Oatesのアルバム『アバンダンド・ランチョネット』に収められたジョン・オーツの曲。Hall & Oates 『Had I Known You Better Then』実に、私のiPhoneの朝のアラーム曲がこれです。Halloween Oatesにも是非、難易度高めのこの曲をやって欲しいものです(笑)...

真夏のSOUL~悪夢編

気の済むまで真夏のSOUL~○○編を続けたいと思いますので、読みたい方だけ読んで、聴いて頂ければ幸甚です。人生のやんごとない事情で不眠に陥ると、人はよく "悪夢" を見るもの…。因みに、SOULの世界ではこんな光景を "悪夢" と呼びます(多分)。個人的にはノブ&フッキーの『女の道』を見た時並みの衝撃映像がこちら(笑)Halloween Oates 『I'm Just Kid(Don't Make Me Feel Like a Man)』'70年代のHall & Oatesを聴き知って...