Minerea Blog

READ MORE

"Nontitle"

私は何歳になったらガキ使から卒業出来るのか。。ココリコ田中。9歳の愛息子が父へ読んだ感動の手紙の締めくくり。パパいつも本当にありがとう。大好きです。3年赤組田中タイキックたとえ "無冠" でも、家族のために一生懸命に働く全てのお父さん達に捧ぐ。クレヨンしんちゃんの映画『オトナ帝国』で感動した時と似ている。(まさかあのガキ使で感動するとは…)2013年最大の泣き笑いで、良い年越しが出来そうです。では今から元朝...
0
2014年へ向けて
READ MORE

2014年へ向けて

今年もお陰様で無事に一年間の仕事を終えることが出来ました。(予定変更があり明日からお休みとなりました)個人セッション・タロット講座ともに、貴重な時間を割いて頂き誠にありがとうございました。早いもので、私もタロットリーディングの仕事を本業にして来年で24年目。。既に人生の半分以上をタロットリーディングと共に歩んでいます。タロットセラピーは、リーディングする私だけが一方的に話すわけではなく、クライアント...
0
雪遊び
READ MORE

雪遊び

『 朝、カーテンを開けてもらったら雪が積もってる (*゚▽゚*)!! 待ちに待った大好きな雪! たくさん遊ぶよ~♪ 』by ぽちこ…てな具合にポチコは喜んでおりますが、セッションへお越しの際は足元にお気を付けて。。^^...
0
解放する愛
READ MORE

解放する愛

一度付き合った二人の間に、友情が残ることがあります。それは、そもそも両者の間にプラトニックな想いが強かったことの証。プラトニックな想い(精神的な愛)ほど、時空を越えるものはありません。傍にいても離れていても、相手の幸せを祈れる気持ち。それは、自分の幸せは自分で築くという「自立心」があってこそ芽生えるもの。反対に、自分の存在が必要かどうかの答えを相手に託すほど、愛の苦悩は深まるばかり。自分の本当の気...
0
小さな一瞬
READ MORE

小さな一瞬

生涯の思い出に残るような喜びに巡り逢うのはもちろん嬉しいことだけれど、仮に辛いことや苦しいことがあったとしても、日常の中でよくある、ちょっとした笑い話や失敗談や愚痴話や、そういう『10日後には忘れていそうな小さな小さな一瞬』の中に生の喜びを見出だせる感性を、シワシワのお婆ちゃんになっても失わないでいたいと、私は思う。...
0
Happy Xmas!
READ MORE

Happy Xmas!

今日は水曜日なのでクリスマス定休日となりました☆と言ってもデュッコの脱臭作戦も兼ねた大掃除をしてグッタリですが。。今夜は久しぶりにハンバーグを作る予定^^あとモッツァレラチーズとトマトのサラダ☆rumikoさん、サンタカードありがとうございます♪皆様も健やかなクリスマスを。。☆Merry Christmas!!...
0
サイコメトリー
READ MORE

サイコメトリー

今回は『サイコメトリー "Psychometry" 』についてお話しします。サイコメトリーは特に(何故それが読めるのか不明な)不可思議でサイキックなものかも知れません。私が初めてサイコメトリーをしたのは7~8年前。クライアント様から『(私なら)分かるんじゃないかと思って…』と、パートナーの品物を持参されたのがキッカケです。サイコメトリーは、物質に宿る(とされる)残留思念を読み取るリーディングですが、私自身、何故それ...
0
Nothing from nothing
No image
READ MORE

Nothing from nothing

ビートルズの名曲 『Let it be』のピアノを弾いていたビリー・プレストン。この "Nothing From Nothing" は、私が初めてYouTubeのアカウント取得した時にまず最初に探した曲。お気に入り登録の筆頭を飾った記念すべき名曲です。お気に入り登録が200近くになってしまい、今や掘り出すのも大変。なので自分のために貼っておきます。(いつでも見れるように)このパーフェクト・アフロ姿をジョーに見せたら、『おぉ、アフロが "顎"ま...
0
Mother Mary
No image
READ MORE

Mother Mary

黒人贔屓で普段殆どビートルズを聴かない私。知ってると言えば、『 Let it be 』で大好きなビリー・プレストンがピアノを弾いていることぐらい。その Let it be の歌詞を調べていて印象的な部分があった。既にご存知な方は多いと思うけれど、私は知らなかったので書き留めます。When I find myself in times of troubleMother Mary comes to meSpeaking words of wisdom,"Let it be."困ったことになって私が悩んでいるとマリア様が...
0
Reading Myself
No image
READ MORE

Reading Myself

前回の続きになります。しかも、長いです(笑)私は10代前半から日記代わりに膨大な分析ノートをつける習慣がありました。何故そういう習慣がついたのか?思い当たることは、ただ一つ。私は小学2年生までは普通の明るい少女だったのですが、小学3年生のある日の出来事を境に、完全に学校内で自主的に『緘黙(かんもく)』するようになったんです。声を出さなくなったんです。それも小学校を卒業するまで。いわゆる、場面緘黙児です...
2