いにしえの息吹



当ショップのお客様から、素敵なお写真を戴きました。

それがあまりにも感動的だったので、ご紹介したいと思います。



古都京都は「天橋立」から臨んだ、日本海の夕陽です。



京都の奥深さは、雅な世界だけではなかった…と、この光景から感銘すら受けてしまいました。

古代から、日本にとって大陸との重要な国交の路だった「日本海」という空間と、そこに映える夕陽。

まるで、時空を越えて太古の時代の夕暮れを眺めているかのような感動。



古から変わらぬ息吹を宿したままの聖域のような地が、この日本にはまだ遺されているのだと思うと、胸の奥からじんわり温かくなりました。

日本海側の地域には、特にこの様なアニミズムの息吹が強く根付いているような気がします。



遥か太古の時代から、日出ずる処の住人はこの美しい夕陽に感謝を捧げていたのでしょうね…。

生も死をも包み込むような神々しい夕陽に、東洋の神聖なエネルギーを再発見した想いです。



素晴らしいお写真を送って下さったrumiko様、ありがとうございました。
Related Entries
  • COMMENT:3
  • TRACKBACK:0

3 Comments

ゲスト様  

No title

AUTHOR:rumikoEMAIL:URL:IP:222.7.57.76DATE:11/07/2006 00:40:27レア様 こちらこそ、ご紹介に預かり恐縮でございます。ありがとうございました。言葉にできない位輝く夕日を眺めながら“生(せい)への感謝”に溢れ返っておりました。又是非お便りさせてくださいませ☆

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

ゲスト様  

No title

AUTHOR:峰レアEMAIL:URL:IP:218.112.89.19DATE:11/07/2006 16:46:14rumiko様、此方こそ この度は本当にありがとうございました。見る度に胸の奥が癒やされるような気が漂っていますね~。それに、この写真からは、やはり「出雲の気」を感じてならないんですよ。何か、「脈」が繋がっているのかも知れませんね。アニミズムは奥が深いので…。また、素敵なお便りを楽しみにしております!

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

ゲスト様  

No title

AUTHOR:rumikoEMAIL:URL:IP:222.7.57.87DATE:11/07/2006 22:05:21そうなのです。出雲の気がその後気になって地図を広げた所やはり、与謝野町とゆう所に出雲大社分祠が近くにございました。小さな神社が所々にあるのですが温かい息づかいを感じますね。そろそろ葉も色づく様なのでまた投稿させてくださいませ☆仙台も冷え込む時期でしょうか?どうかお体ご自愛くださいませ☆

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

Post a comment