創造の火



人はそれぞれが色んな欠点を自覚しているものですが、意外にも短所と長所は紙一重だったりすることが往々にしてありますね。

かく言う私も自覚している気質があります。
それは、自分に対して絶対に妥協を許さないところ。
人のことには寛容なんですが、自分の意志で取り組む事柄に関しては絶対に妥協できません。
それが原因で仕事と家庭の両立が危うくなることもしばしばです(笑)

自分で言うのも憚れますが、私が『本気で』何かと向き合っている時の集中力は尋常ではありません。
でも、その成果があってか自分なりに真剣勝負で取り組んだことは(例えばプロアマ関係なく)自分がそれなりに納得する領域まで辿りかせているつもりです。
(それは人によっては仕事以外に『恋愛』も当てはまるかも知れません。)

それは1ヶ月掛かろうと10年掛かろうと年月の長短は重要ではなく、仮にどんなに時間が掛かっても、自分が納得できる形に近付くまで決して諦めないことが肝心だと思います。

納得いく形に仕上がるまでのプロセスで、他人の意見を気にするのはあまり好ましくありません。
それは自分の内なる支点を曇らせるからです。
人の意見も参考にすることは悪いことではありませんが、誰かのためにそれを頑張っているわけではなくて、そもそも自分がやりたくて好きでやっているはず。

何かを創り出すために真剣に取り組んでいる時、人は内側から途轍もないインスピレーションが湧き上がります。
それが創造の火を絶やさない種火です。

『これだけは他人の干渉を許さない。。』
そういう事柄(聖域)を一つでも持てるのは幸せなことだと思います。

私にとってそれは、この仕事(タロットセラピー)です。そして、タロットセラピーは唯一、人それぞれの『真剣勝負』『創造の火』と向き合える聖域だと思っています。
何故なら、私がこの世界と真剣に向き合っているからです。

実際は生計を立てる意味での仕事(職業)という以上に『ライフワーク』という意識です。
そこには決まったゴールがあるわけではなく、常に創造のプロセスにあります。

。。。だからこの仕事が20年以上も続いているのかな?
と、ふと思った夜なのでした。

Related Entries
  • COMMENT:3
  • TRACKBACK:0

3 Comments

Priincipessa  

No title

あー、まさにですわ。聖域、ライフワーク。
私もダンスに関してはそう思ってます。
聖域の意識との付き合いは長いなぁ。。
はやく解放されたいです。

2014/01/09 (Thu) 08:59 | EDIT | REPLY |   

峰レア  

No title

☆Principessaさん
コメントありがとうございます。
良くわかりますよ~^^
解放の年になりますように!

因みにこのキャンドルは、数年前に貴女様からプレゼントに戴いたものなのですよ~♪
なんとなく電気の灯りじゃない、本物の灯りが見たくなって点けたんです。

感謝と祝福を込めて☆

2014/01/09 (Thu) 09:51 | EDIT | REPLY |   

Principessa  

No title

そうなのー。キャンドル愛用してもらって嬉しいですのー^o^ 私はおっちょこちょいなので旦那にキャンドル使用を禁じられております。

2014/01/09 (Thu) 12:54 | EDIT | REPLY |   

Post a comment