年輪



最近、『震災前の記憶が曖昧なんだ』 『あぁ、自分もそうかも』というような会話を家族とする。
本当は記憶しているんだけれど全体的に漠然としていて、夢のように朧げなのだ。

あの時あの瞬間から、全ての記憶(印象)がリセットされて生きている気がする。
あの日あの瞬間、人生の時間が一旦ゼロになり、再びカウントされている気がする。
だから今日で、魂に刻まれた年輪は満3歳なのかも知れない。
いや、もしかしたら『あれから何年』などの次元では計れない、超越した時が経過しているのかも知れない。

それが不幸とか悲しいというものでもなく、そういう体験をした事実があることの意味が大きい。
そこからどう生きる(生きている)かということの方が地味に大切なこと。
誰に表明することもなく、自分に出来ることをただコツコツと精一杯やることを、自分自身が理解しているだけで充分。

そういう人に育ってくれたらイイなという想いを、自分にも重ねています。
Related Entries
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment