twitter@2014.03.11

13:34
年輪 http://t.co/7RVT6cP3XY #jugem_blog
15:19
時報を聞きながら黙祷している時、初めて、あの時の恐怖がフラッシュバックした。昨年や一昨年まして当時とも違う、不思議なほど普通の感覚。ごく本能的に「怖い」と感じた3年目の今日。3年経ってやっと、アレは恐怖だったんだと分かった。恐怖だと感じることを、自分に許さなかったのかも。
15:43
ということは、幸いにも、ごく普通の日常の感覚が戻って来た…ということなのかも知れない。余震が少なくなっているから余計にそうかも。それに加え、地震が近頃大人しいから、あの時の大地震の凄まじさが、改めて怖いと今更ながら感じているのかも。
16:19
だけど、本当の被災地は、時間だけが無情に過ぎている。原発事故で楢葉町の自宅へ戻れない叔父と仮設住宅で暮らす高齢の大叔母から、震災前と同じように御中元や御歳暮を戴くたびに胸が詰まる。復興は始まっていない…というのが正直な実感。
Related Entries
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment