伝説のバンド『阿Q』



かつて仙台には " 伝説のファンクバンド "『阿Q』が存在しました。
その阿Qの、1980年代半ばから1990年までの活動記録が収められた公式ウェブサイトが東日本大震災を機に開設され、活動当時の未発表音源が震災復興支援ミニアルバム『今更阿Q』としてiTunesなどで配信されていることを知りました。
阿Qをご存知の方は是非ダウンロードして下さい。
収益金は震災復興支援義援金として全額寄付されるそうです。
iTunes 『今更阿Q』
※特に『中国通信』は当時のコアなファンしか聴けなかったレア音源だと思います。『opening』はインディーズ時代からLIVEのオープニングで演奏されていた曲です。

阿Qはメジャーデビュー前から、プロも舌を巻くほどの(ブラックミュージック色の濃い)音楽性と高度なテクニックを兼ね備えたバンドでした。
さらに、当時発行されていたバンドの機関紙『大公報』(阿Qの"伝説のマネージャー" 樫村氏による執筆)の世界はアジア色満載で、大人のウィットとユーモアの塊。驚くほど知的で、映画秘宝ライターも顔負けなほどマニアックな世界観がWEBで蘇っているのは嬉しい限りです。

--------------------------------------

余談になりますが、当時まだ高校2~3年生だった私は、インディーズ時代の阿QのLIVEチケット販売のボランティアをしていました。。
電車の中で私に声を掛けて来たアマチュアカメラマンにも、写真を撮られる代わりにチケットをお買い上げ頂いたりしたことも(笑)
また、'87年発売のソノシートの梱包作業を手伝わせて頂いたこともあり、仙台時代の阿Qの曲は格別に愛おしく。。
個人的な交流含め沢山の想い出がありすぎるバンドです。。

--------------------------------------

しかし、阿Qのギタリストの大鉄さんこと、大坂鉄雄さんが震災直前に急逝されていたことは大きなショックです。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

震災から半年後、大鉄さんの生きた証を遺す為、そして震災復興支援のために公式ウェブサイトという形で復活し、ミニアルバムを配信した阿Q。。
彼らの想いがひしひし伝わって来ます。。

仙台に所縁の深い魯迅に因んで名付けられたバンド『阿Q』。
今でこそ「楽都仙台」と称される街になった仙台の黎明を導いた彼らの精神は仙台・東北の魂そのものであり、受け継いで欲しいLegendary heartsです。


阿Qオフィシャルサイト(2011年9月開設)

1984年8月に仙台で結成された阿Qは、今年で結成30周年。。
このような公式サイトの存在と、地元を想う彼らの気持ちを改めて再確認した以上は何か書かずにいられなくなりました。

【追記】
そう言えば或る時のこと、『 "魯迅"と私は同じ誕生日なんだよ…』と言った時の、タラコさんの驚いた顔は今でも忘れられません(笑)
こういうのを『 "因縁" をつける』とでも言うのでしょうか。。(うまい)
Related Entries
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0

2 Comments

なむさん  

No title

https://itunes.apple.com/jp/album/imasara-ahq-ep/id461597083

↑itunesのURL貼っておきました。

2014/07/24 (Thu) 11:18 | EDIT | REPLY |   

峰レア  

No title

★なむさん
URL助かります。
ありがとうございます。

2014/07/24 (Thu) 15:41 | EDIT | REPLY |   

Post a comment