もうすぐ一年。



この冬はじめての積雪の朝。デュアン(犬)が来てからは毎朝5時には起こされる毎日・・・。

東の空が明るいので、カーテンを開けて見たら朝焼け。

薄ピンクと水色のグラデーションが綺麗なのでパチリ。早起きは三文の徳でした。



子供たちが、昨年春に今の学校へ転校して、もうすぐ一年。

2人それぞれに、ようやく近所の仲良しの友達が定着してきて、やっと落ち着いたように見えます。

この通り、私が世間離れした母親のわりには、子供たちは意外にも素直に育っているのを見ると、つくづく成長期の子供の逞しさを感じます。私よりも逞しいかも知れない。





対面鑑定を再開して、今年の4月で早一年。

県内外からお越し下さる方々の大半は、占いを受けるのが初めてという方が意外に多いのです。



それにしても、スカピーニのカード(4代目)がかなり傷んできたものの、新しい5代目があるのに下ろせないほど、私の「道具の新旧交代」はタイミングを要します。



タロットの一連の所作からリーディングに至るまで、すっかり馴染み自分の一部と化した時のタロットカードは、ただの印刷物では無く、職人の道具と化しています。

これまで様々な種類のタロットデッキを使用して来ましたが、結局のところはスカピーニのカードに戻ってしまうほど、私とは相性が良いようです。







私のリーディングは、ゲストを一方的に威圧したりせず、ナチュラルな対話の中にリーディングを織り交ぜて語るように心掛けているせいもあるのか、無駄な力がスーッと抜けた気分です…と言って頂くことがあります。ナチュラルな現代風の語りべ(或いはユタ的タロット語り部)でありたいものです・・・。

自然の自分のままで、リーディング(語りべ)の仕事を続けられることに感謝をする毎日です。



それにしても、いい加減に新品のスカピーニに交代しなくては・・・。

そう想いつつ、今日も使い込み過ぎたスカピーニを回すのでした。


Related Entries
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment