川底の沈殿物



セッションの合間に椅子を陣取るネコ達。
そんなに座りたいのか。。

ところでヒーリングの施術に於いては以前から、人には『情報によるストレス』があるのを強く実感させられて来ました。
メディアまたは日常生活に於いて、見たくも聞きたくもない光景や情報に晒されることはある程度避けようがありませんが、ある限界を越えてしまった時、それは立派なストレスとして思考力や判断力または創造性にネガティヴな影響を与えることがあります。

例えば近年では4年前の震災のとき。
ほぼ全てのメディアで津波の映像を放映していましたが、実際に被災した人と同じか、場合によってはそれ以上の心理的同調(被災)を受けた方が、ヒーリングのセッションに於いて多く見受けられました。

年が明けてまだ一月ちょっとですが、ここに来て『情報によるストレス』の影響が感じられる方が急増している印象を受けています。
世の中の情報を処理し切れないことによる困惑と、それを発端とした『これまでの自分との対峙』の中で小さなパニックを起こしている場合、まずその方の肩から頭部に掛けてのオーラにブロックが見られます。
更に、感情の処理が上手く行かなかった諸々の記憶(痕跡)に繋がっている様子が窺えるのです。
その場合のヒーリングは、川底の沈殿物を清掃する感覚に似ていて、いつのものか分からないほど古い記憶も含め「一斉のセイッ!」の感覚で抜いて行きます。
『千と千尋の神隠し』でそういうシーンがありますが、殆どあれに近いと思います。。

人は、生まれながらに清流のような川を魂に秘めていて、それはその人を動かす動力源にもなります。しかしその川は日頃から様々な出来事に晒されていて、時には自分でも自覚がないうちに沈殿物を抱えてしまっていることがあります。
その多くは、怒りや悲しみといった言葉以上に複雑なもので、人とシェア出来ないようなその人だけの想いとなって魂の川底に沈殿しようとしています。
困ったときは私のようなシュールな場所に訪れるのも手ですし、身近な人に吐き出すのも一つの方法です。
とにかく、、自分の中のレスキューサインを聞き逃さないであげることが大切。
魂は皆すべて平等に尊いですからね。。
Related Entries
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment