Minerea's Blog

タロット占術家 峰レアのリーディングメモ

ブルージーなJAZZ



レッド・ガーランドの"Red In Bluesville"は対面セッションのBGMにハマることが分かってはいたんですが、何せウチにあるのはLP。
さすがにレコードアンプを置くスペースも無いのでCDで買い直し。

この方のピアノはどこかブルージー。元ボクサーの経歴を持つジャズピアニスト。
↓こちら、ブルースの定番も収録されています。

Red Garland- Trouble in Mind(1959)


Trouble in Mindのオリジナル音源は1924年の録音ですが、数々のミュージシャンにカバーされている中で個人的に好きなのは1926年のコチラ。
ピアノは作曲者のRichard M. Jones、コルネットはL.アームストロング、ボーカルはBertha Hill。
…で、この味わいです。

Trouble in Mind(1926)


昨日は対面セッション終了後、サロンをプチ模様替え。猫娘達は気に入ったみたいです。



日によって蒸し暑い日もありますが、少しずつ猛暑からは解放されそうな気候ですね。
仙台は昨夜久々の雨。でも生暖かい雨でした。
この部屋は風の通りが良いのが取り柄。
今日も爽やかな風が吹きますように。


Related Entries

0 Comments

Add your comment