恋が友情に変容するとき

まるで、パーシー・スレッジの名曲「男が女を愛するとき」のようなタイトルですが、ちょっと違います。

時を経て、恋が友情に変容する関係についての話です。

※勿論、ヴァーチャルなものではなく、リアルな関係限定。



人生に於いて、付き合いを末永く続かせたいと思う大切な存在は、誰にでも在るはず。

これは、日頃の相談に大抵は含まれる、人生の恒久的なテーマの一つです。

その中でも特に深淵なのが、異性との友情というテーマ・・・。



人生には、環境や年齢を問わず、恋が恋で終わる関係もあれば、恋から友情へ変容しながらも永く続く関係も存在します。後者の関係に生じるのが、深く永い心理的葛藤(黙考)。



いつの頃からか恋が色褪せて、友情へと変容する気配を感じる時、人は最も多くのことを考え、様々なことを想い、人生の諸行無常を感じるものです。

また、その様な対象がいる相手を好きになってしまうシビアなケースもあるでしょう。

その経験は、自分自身と向き合うヘヴィなプロセスでもあります。



この様な時期に、本人の自意識が強ければ強いほど、または相手の人間性が深ければ深いほど、心理的なバランスを保つのに苦慮するものですが、逆にそれを着実に克服した時、人というのは、「表から見えない大切なフィールド」が、より深く豊かに耕されます。

実際、これらのプロセスを昇華させた芸術作品が沢山ありますよね・・・



恋が友情に変容するのを、「ランクダウンする」とニヒルに受け留める人が多いのですが、そんなプラトニックな変容こそ、実は「恒久的な愛(友情)」の静かな船出だったりするのではないでしょうか。

(世の中には、そんな関係を「ソウルメイト」と呼びたがる人もいますが・・・)



その様な相手に対して「絶対にしてはダメな行為(タブー)」があります。

それは・・・『自分の想い(友愛の情)を否定すること』。



強がったり、無碍に退却するのもタブーです。(かと言って、友情を押し付けるのも×。)

そもそも、人の想いを勝手に推し量ることは反則。しかも当事者が客観的に判断するのは極めて難しいこと。そんな相手の気持ちを自ら推し量って、ネガティブな行動に投影させたりすることは、いのち(縁)の脈を止める致命的な行為に等しいことです。

それを続けることは、己に負けることを意味し、人生を希薄にさせたりもします。



そうならない為には、どうしたら良いか。

相手の人間性が如何なるものであろうと、好きか嫌いか、正直なところを自分に問い、

その本音を決して否定しないこと。ただそれだけで良いんです。

それでも葛藤に屈しそうになるのならば、その相手を受け入れるだけの成熟した器が自分に出来ていないと受け留めるべきなのかも知れません。でも、ややこしく考え過ぎないことが何よりも大切。



いずれにしても、太古から流れ続けている自然の小川は、

周囲の環境を"汚染"しない限り、いつまでも美しく流れ続けます。
Related Entries
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0

2 Comments

ゲスト様  

No title

AUTHOR:まめまるEMAIL:URL:http://blog.livedoor.jp/stars316/IP:58.91.69.34DATE:03/19/2007 15:59:19レア先生、こんにちは。以前(といっても10年以上前ですが{汗})何度か占っていただいたことがあり、こちらにもちょくちょくお邪魔させてもらっています。>相手の人間性が如何なるものであろうと、好きか嫌いか、正直なところを自分に問い、その本音を決して否定しないこと。ただそれだけで良いんです。それでも葛藤に屈しそうになるのならば、その相手を受け入れるだけの成熟した器が自分に出来ていないと受け留めるべきなのかも知れません。でも、ややこしく考え過ぎないことが何よりも大切。ちょうど私が思い悩んでいることへのアドバイスをもらったような気がして…何度も何度も読み返しました。ちょうど16日は私の誕生日でもあり不思議なプレゼントをいただいたような気がします。(勝手にスミマセン)>いずれにしても、太古から流れ続けている自然の小川は、周囲の環境を"汚染"しない限り、いつまでも美しく流れ続けます。「自然の小川の流れ」に身を委ねることも、今の私には必要なのかもしれません…。長々と失礼しました。

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

ゲスト様  

No title

AUTHOR:峰レアEMAIL:URL:IP:219.125.148.202DATE:03/19/2007 21:09:49まめまるさん、こんにちは!長い年月を経ても、覚えて頂いていて嬉しく思います。有難うございます。この回はなかなか深いテーマですが、また続編を書きたいと思っています。また覗いてみて下さいね。メッセージ有難うございました。

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

Post a comment