犬友達



新年度に入り、忙殺スケジュールと闘っている方も多いのではないでしょうか。私も公私共に、相変わらずバタバタと慌ただしく過ごしております。今日は、近所の公園の桜が漸く開花していました。

数カ月ぶりに再開した無料ワンオラクルも、昨日までに38名様からお申込みを頂きました。

沢山のご応募ありがとうございました。今日明日中に抽選で一名様へご案内する予定です。



さて、今月で生後5ヵ月になるデュアン(キャバリア♂)の散歩は、私にとっては素晴らしい癒やし日課になりつつある今日この頃。目と鼻の先にある大きな公園には、近所中から犬の散歩族が訪れ、ちょっとした社交の場になっています。やはり圧倒的に多いのはミニチュア・ダックス。

昨日の夕方は、パグやレトリバー、シープドッグ、コーギーもいました。



デュアンの初めての犬友達は、息子の同級生のお宅のA君(ミニチュアダックス)。長毛種のダックスなので、太くて短い手がフサフサして、可愛いブーツのよう。ダックスにしては全く吠えない、大人しく利口な性格です。

先週、ある公園で優雅なパピヨン集団に一斉に吠えられたのがトラウマになったデュアンは、犬と遭遇すると決まって「負け犬」のように振る舞うように・・・。

それが、大人しく利口なA君に慣れて調子に乗ったデュアンは、A君にだけは悠然と振る舞うのでした

そこに昨日やって来たのが、コーギー犬のS君。

中型犬のコーギーの迫力にビビった小型犬2匹は、すっかり尻尾を隠す始末。しかし、コーギーのS君も実はシャイだったらしく、完全に腰の引けた3匹が、オドオドと鼻を突き合わせて挨拶する滑稽な光景を拝めました。



1日の内のほんの数十分の間で繰り広げられる、なんとも和やかな犬の世界。

しかし、デュアンの散歩の究極の楽しみは、誰もいない時の公園で、リードを離して全速力で疾走させた時の、嬉しそうな顔(犬の笑顔?)を見るのが、何より楽しみなのです。








Related Entries
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment