勝山組の南中ソーラン

おそらく今、運動会へ向けた取り組みに奮闘している小中学校は、日本国中に沢山あることでしょう。
近年、日本の小学校の運動会で催される種目の中でも、最大の山場と呼べるのが、昨日も書いた郷土舞踊「南中ソーラン」ではないでしょうか。
この南中ソーランを踊る団体は、子供達も含めて全国に数え切れないほど存在しますが、中でも凄まじいグルーヴで踊る素晴らしいよさこいチームが三重県にあります。
国立鈴鹿工業高等専門学校(鈴鹿高専)の学生・卒業生を中心に構成されたチーム、『勝山組』です。

昨年の全国南中ソーラン・コンテストでグランプリを受賞したことでも証明されたように、その烈しくも勇壮で感動的な踊りを一目見れば、あまりの凄まじいグルーヴ感に包まれて涙が溢れるほど・・・。
煌めくようなスピリッツを、究極のチームワークと完成度で体現する彼らは、「日本人」であることを心から誇りに感じさせてくれる、珠玉のよさこいチームです。
勝山組の実際の踊りはYouTubeの動画で見られます。
彼らの演舞は、命の賛美そのもの!最高に熱く、真にソウルフル!

何故、私がここまで書くかと言うと、彼らのホームページを見て深く確信することがあったから。
彼らは、ただ踊ることが好きなだけではなく、人の心に感動を与えることの意味をちゃんと理解している、とても知的な人々という気がしたのです。
実際、メンバーの方々とコンタクトを取ってみて確信に至りました。
惜しみなくハートを与えることが出来る人は、本質的にとても知的です。
そして魂が透明に輝いてます。
とてつもなくソウルフルなグルーヴに満ちた気魄の奥に、勝山組の真髄を見た想いがしました。

彼らのように、感動や喜びを与えることが出来る人々が存在することに、心から感謝を伝えたい・・・そんな想いで、心からのエールを勝山組の皆さんに送ります。
どうか末永く、天下一品の感動を与え続けてください。

いつか必ず、生の演舞を至近距離で見たいなぁ~と思ってます。

『勝山組』ホームページ

Related Entries
  • COMMENT:4
  • TRACKBACK:0

4 Comments

ゲスト様  

No title

AUTHOR:rumikoEMAIL:URL:IP:222.7.57.80DATE:05/09/2007 23:10:15早速くいつかせて頂きましたです(笑)そして拝見させて頂きました。ありがとうございます。大和GROOVE~よさこい~全国各地で催されているこの血潮が切磋琢磨されながらもリンクしあい純粋な魂を繋ぎあって行って欲しいと願ってやみません。初夏レベルの暑さですが全ての踊り子の皆さんに熱いエールを込めて!PS レアさんのご子息の演舞も何気に見たい私くしでした(-^〇^-)

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

ゲスト様  

No title

AUTHOR:峰レアEMAIL:URL:IP:218.112.89.19DATE:05/10/2007 23:50:29rumikoさん、喰い付きありがとうございます(笑) さすがは プロのコメント!rumikoさんは私以上に、あのグルーヴの凄さを身体で解ってらっしゃいますよね!魂の踊りですね、本当に。因みにウチのチビは、最初の「構え」だけは いっちょまえです(笑)改めて読むと、踊れない年齢の域に達した者の遠吠えのようなブログですわ、この記事(笑)

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

ゲスト様  

No title

AUTHOR:rumikoEMAIL:URL:IP:222.7.57.82DATE:05/11/2007 14:11:35いやいや、とお吠えだなんて!実は、見ている側も踊っている様な…本当にそんな力があると思いますよ♪黒人にファンクやHIPHOP、ソウルなどの歴史があるのと同様に何処で生まれようともやはり日本人にはジャンルを越えた先の生粋のGROOVEがあるのだなぁ。。と、よさこいにふれて改めて感じた私もその内の一人なだけですから(^-^)。これからの若人の方々には本当の意味で伝えて行きたい財産ですよね☆

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

ゲスト様  

No title

AUTHOR:峰レアEMAIL:URL:IP:218.112.89.19DATE:05/12/2007 11:40:55まったく同感です。この文化を繋いでいこうとしている方々を心から応援したいです。今回、個人的に紹介させていただいた勝山組の皆さんは、とにかく人間的にも魅力的で素敵な方々ばかりなので、なおさら心からエールを送りたいです。このブログを読んで下さった勝山組のメンバーの皆様、ありがとうごいざます!

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

Post a comment