羽黒山の表参道



10月29日。出羽三山神社へ向けて実家を朝7:50出発し、帰宅したのは18:00を過ぎていた。

車で往復10時間を越えた。大きな区切りとなる、「御山」への挨拶。

写真は出羽三山神社がある羽黒山の表参道。

今は神社までの便利な有料道路があるが、昔はこの2446段の石段を登って神々へ逢いに行っていた。遥か昔は石段すら無かった。

私の先祖は400年前から代々この「御山」へ向けて30日も掛けて歩き、この路をひたすら登って神々と祖霊に逢いに来ていた。その間は、御山から家督が無事に戻るまで、家に残る家族も皆全員が精進に入っていたそうだ。正に一族総出の一大行事…。家の神棚にある数百年前の木製の祈祷札には、梵字の種字が書き込まれ、家内安全の祈願がなされていたことが判っていた。

この山の圧倒的な厳粛さを改めて感じた時、先人への感謝が自然に湧いた。

御山への参拝は、誰の為でも無い。祖先への感謝と子孫への祷り。

信仰というよりも、その「想い(スピリッツ)を繋ごうとする」、想像を絶する苦行の参拝は先祖累代続けられていたのだろう。




Related Entries
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0

2 Comments

ゲスト様  

No title

AUTHOR:るみこEMAIL:URL:IP:218.222.1.155DATE:10/31/2005 17:02:51なんですか拝見してグッ(;_;)と胸が熱くなりました。。レアさんのパドマ屋が完成したらDASHでお祝いにかけつけたいっと企んでおります。ちなみに例の本は活字ばなれのせいかプロローグの段階で(-_-)zzZ、フンガガガ。。返却に間に合うのか…(笑)今後共よろしくお願いします(まとまりなくてすみません…)

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

ゲスト様  

No title

AUTHOR:レアEMAIL:URL:http://minerea.com/IP:219.171.47.75DATE:11/01/2005 10:40:49るみこさん、コメント有難うございます。今回はさすがの私もグッと来ました(笑)パドマ屋1号も、仙台駅から電車で15分の場所にOpen予定です。まぁ、ごく普通の家なんですけどね…(笑) 「あの本」は最初は確かに眠くなりますよね。が、目次を拾って読むと意外にのめり込めるかも。

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

Post a comment