大河ドラマ~文の交換

前回の話、短歌。短歌は昔の「文」の名残。
その「文」について、面白い話を昨日耳にしました。
昨日、昼の某番組に今年の大河ドラマの主役・内野さん@山本勘助が出演した際の話。
内野さん@勘助が、市川亀治郎@武田信玄と「手紙の交換」をしていた・・・というエピソードがありました。
てっきりメル友みたいなメール交換かと思いきや(多分 皆そう想ったはず)、内野@勘助さんは、白い半紙に「縦書き」で、「かなり達筆な筆」で想いを綴っていたようで(凄い)。
更に輪を掛けて凄いのが、亀治郎@信玄からは、「巻物のような紙」に「筆」で、「下に垂らして読むような長い文」の返事を貰っていたそうです!!(凄すぎ・・笑)
悶絶するほどの凄まじい気合というか、あの二人だから出来たであろう文の交換エピソード。
こういう話が、私のツボにハマります(感動と笑いのツボに)。
あと、演技が自然と千葉ちゃん(千葉真一)化していたという話も。

ただ、これだけは言える。
今年の大河ドラマは、歴史に残る希代の名作になりましたね。
Related Entries
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment