少年の魂を失わないことオヤジの如し

私の趣味趣向は、映画で例えれば「仁義なき戦い」などに代表されるように、女らしからぬ傾向があるのはお察しの通りですが、最近やっと自覚してきました。
私の魂は結局、男なんじゃないでしょうか・・・(いや今さら)
いや。ムダに美意識過剰な峰レアの性質からして、本当は女を磨くようなアートも愛好しているのでは?と美しい幻想を抱いて下さる優しいゲスト様もいらっしゃる(エッいない!?)かも知れませんが、真相を言うと、私の趣向は大和魂を飛び越えて、親父魂の域に達しています。

日頃、仕事が空いた時で家にいる時は、大抵は少年マンガの世界に逃走しています。
そもそもワタクシは、週刊少年ジャンプ歴18年。
その姿はまさに、『少年の魂を失わないことオヤジの如し』です。
メガヒット漫画『Dragon Ball』の連載が終わり、そのスピリッツを継承するかの如く君臨している『One Piece』。最近まで、ジャンプで真っ先に読むのは『One Piece』でした。
※pieceの綴り、うっかり間違ってました・・・
それが最近ついに、『銀魂(ぎんたま)』へとシフトして来ました・・・・・。

『銀魂』の根底にあるモチーフは、江戸末期の開国と幕末群像の生き様を通じた、人情コメディと過激なブラックユーモア満載の、大人による大人達の為の漫画。
そして時折垣間見せる、この漫画の核~儚くも気高いサムライ魂。
そもそも主人公の銀髪は、刀の刃の色。
攘夷戦争に敗れ、文明開花の廃刀令や外来文化を甘んじ享受しつつある侍たち。
それぞれの魂にある大儀(ルール)に生きる侍たちが繰り広げる、限り無く下世話でブラックなユーモアと、限り無く深い大人の哀愁(気高い諦め)に満ちた漫画です。
さり気なく過激なギャグは、少年少女に100%理解できると思えない隠喩の嵐=PTAの敵。

酸いも甘いも噛み分け、恍惚と哀愁を背負いながら、胸を張って生きてるオトコ達へのエールのような漫画を好んで読んでる私は、やっぱり女の皮をかぶったオヤジだなと思う今日この頃でした。

Related Entries
  • COMMENT:3
  • TRACKBACK:0

3 Comments

モンスターゼロ  

No title

>そもそもワタクシは、週刊少年ジャンプ歴18年。
>その姿はまさに、『少年の魂を失わないことオヤジの如し』です。

まさに、レア様は”羊の皮をかぶった狼”・・・栄光のスカイライン2000GT-R
の様な方なのでしょうか?!(笑)

不肖、このワタクシ現在では集英社刊「少年ジャンプ」を愛読し続けると言う
気合は失せてしまいましたが、かつては”義務”と言うか”教科書”的価値観
を持って臨んでいた時期もございました。(少年マガジンも)

創刊がワタシが小学校中学年の頃で”ハレンチ学園”や”男一匹ガキ大
将”に代表される当時新進気鋭の漫画家を登用すると言った冒険的試みが大当たりした少年漫画雑誌!と言うイメージを今なお抱いております。

自分史では柳生十兵衛~戸川万吉などを経てケンシロウあたりまでが気になっていた時期です。

レア様仰せの「銀魂」は存じ上げないまでも、察するに創刊当時の心意気を
今に伝える内容に、40年を経ようとする歴史を有するとも理念を意失わない
少年ジャンプの姿勢に敬服いたしました!





2008/01/16 (Wed) 15:57 | EDIT | REPLY |   

rumi~ko  

No title

(笑)レアさんたら…神秘のベールはがしすぎっすよ!でもそんなオヤジSOULJAMなレアさんが大好きだぁー♪ っうか かくゆう私も 手塚治虫とか好きなわけで…オヤジならぬ オッサンっすから!

2008/01/18 (Fri) 23:40 | EDIT | REPLY |   

峰レア  

No title

モンスターゼロさま
スカイライン2000GT-Rに例えて頂けるとは、恐れ多いことこの上なしです!
ただ、『占い師』というカテゴリに於いては、私のようなタイプは恐らく「生産台数は限りなく少ない」のではないかと案じております・・・(笑)

ジャンプ40年の歴史でも、ゼロ様がリアルタイムで読まれていた頃の時代は、今や伝説ですよね。
現代は、どうなんでしょう・・・。「銀魂」などはアニメ化されていますが、常に放送コードぎりぎりの際どさが先行して、「幕末」のシリアスな背景が薄らぐことが切ないです。
いずれにせよ、少年(少女)の心は漫画に育てられると言っても過言ではありませんね。


rumi~koさま
神秘のヴェールを脱いだら、少年の魂を宿したオヤジがそこに居た・・・という感じでしたかね~(笑)でもこれが実情なんで。
手塚治虫!私の小学校時代、クラスの学級文庫に『ブラックジャック』がずらーっと並んでおり、本気で読み漁ってましたよ。
今思えば、すごい教室ですよね(笑)
rumikoさんも、古き良き昭和の申し子ですね・・・。

2008/01/19 (Sat) 21:09 | EDIT | REPLY |   

Post a comment