いざ出陣


今から出陣です。いえ・・誰かのLIVEとか戦に行くわけではなく・・・小学校へ(笑)
授業参観です・・・。仙台市の小学校は二学期制。
しかもワタクシ、次年度の学年役員に決まっているので、参加せざるをえない。
更に恐ろしいことに、この先3年は役員関係に絡む様相を呈しています・・(嘆)

それにしても、私達の幼少時代はその殆どの時間を学校で過ごしていたと錯覚するほど、凄まじく学校三昧だったのに、今の子供たちの「休日」の多いこと多いこと。幸せか?
そう思って久しい今日この頃、遂にゆとり教育に見直しの声が上がった。遅い。
教科書も、昭和に比べるとまるで何かのガイドブックのような雰囲気。
それはいいとして、子供たちの学力だけじゃなく、別の何かが低下している。

今の子たちは、昔以上に潜在的な知性レベルが高い気がするのに、そこを満たしてあげる側の「質」が低下しているだけのことのような気がする・・・。
ポイントを凝縮させた効率的な教育をしてあげたら、とてつもない人材がゾロゾロ出そうな、そんな今時の子供たち。大人たちが負けて(譲りすぎて)しまってる気がする。

Related Entries
  • COMMENT:5
  • TRACKBACK:0

5 Comments

Rさん  

No title

(笑)あ~これからが本気で楽しみですねー!私も、いち大人、元教育関係に携わっていた者として子供達が羽ばたける舞台を準備できるよう頑張りますね('-^*)/☆~ レアさんからまた一つ夢を頂きましたーあざーっす!

2008/02/22 (Fri) 18:02 | EDIT | REPLY |   

峰レア  

No title

Rさん、これからが本当に楽しみですね。
子供にとって、学校の外で培われるものが、ホンモノの教育だったりしますからね。
勿論、学校はその主導的存在(であるべき)ですが・・・。今夜、凄いニュースも聞こえて来たばかりですから(汗)

ともあれ、人生最大の教師は、大自然に勝るものはないですね・・・☆


2008/02/23 (Sat) 03:01 | EDIT | REPLY |   

モンスターゼロ  

No title

お世話様です。
拙ブログのプロバイダーが本日より3日間、点検のため休止とのこと。
すみません!

>それにしても、私達の幼少時代はその殆どの時間を学校で過ごしていたと>錯覚するほど、凄まじく学校三昧だったのに、今の子供たちの「休日」の多>いこと多いこと。幸せか?

週末土曜日の「校庭開放」はいまだに記憶に強いです。
つい先日も、小学校の恩師が82歳で亡くなり通夜へ伺いました。その後
懐かしき男子・女子(皆今年大台!・・・笑)と酒を片手に昔話に花が咲き
ましたが、恩師の影響で自分の将来を決めた旧友が多かったことを改めて
聞き驚きました。それほどの影響を与えてくれた方でした。

こういうことを書くと、年寄りくさいのかも知れませんが・・・・・・・・・・・・
昔の先生は怖かった!でも、すごく優しかった。


>それはいいとして、子供たちの学力だけじゃなく、別の何かが低下している。
>今の子たちは、昔以上に潜在的な知性レベルが高い気がするのに、そこを>満たしてあげる側の「質」が低下しているだけのことのような気がする・・・。

パソコン、インターネット、携帯。今あって昔なく、あれば便利!無くても支障
なし!・・・・・・・・・でもあることが当たり前になってしまえば不便?!
支障なしなんていうこと自体が、年寄り臭いのかも?(笑)
我々の頃にも”3C”なんてありました。カラーテレビ、車、クーラー(エアコン)
潜在的な知性レベルが高いのはパソコン、インターネット、携帯による”情報
収集”の驚くべき増大が原因なのでしょうか?

この3つで得られることは”知識”であって”知恵”ではないでしょうね。
おそらく今の学校の中には”知識”は提供できても、”知恵”を授けることがで
きない人が増えているのでしょうか?
”知ってる”と”出来る”は違うと言うことさえ、忘却の彼方なのでしょうか?

我々は親や祖父母達から知恵を授かりました。当時は、うざく思えましたが
今思うととてつもなく大きなものだったと思います。

時代の流れは本当に怖い気がします。我々の世代にはまだ戦争経験者の
方が教鞭をとっておられました。戦争は確かに悪いことです。でも他の何か
による大きな体験/経験、言いかえればその方だけに通ずるものでも良いか
ら”修羅場”のような経験が必要なのでしょうね?
”使命感” ”達成感” ”充実感”と言う言葉すら死語になりつつあるのかも?
もっとも我々もその昔、「三無主義・・・無気力・無関心・無責任」なんて言わ
れましたっけ!それに「無感動」を加えて「四無主義」とも。

今は亡き、”しらける”なんて言葉、今も健在な”ださい” ”うざい”なる言葉。
すべからくあの時代に生まれたはずです。この3つの言葉、私も当時使い
まくりました。今でもたまに使ってしまいます(恥)

>ポイントを凝縮させた効率的な教育をしてあげたら、とてつもない人材がゾ>ロゾロ出そうな、そんな今時の子供たち。大人たちが負けて(譲りすぎて)し>まってる気がする。

どう接していいか分からないのでしょうか?子供って、よく「なんで?」「どう
して?」を言いまくりますよね?それにいちいち答えていたら・・・と言うことも
あるのでしょうか?私が子供の時も親にそれを言いまくり、「うるさい!」と
言われたことがあります。会社も同じですね。

子供の目線、部下の目線、言うのは簡単ですがまさに”知ってる”と”出来る”
は違う世界ですね。


2008/02/25 (Mon) 17:26 | EDIT | REPLY |   

峰レア  

No title

ゼロ様、お世話になっております。
かなり大規模なメンテナンスに入ったんですね。

感動的なお話、ありがとうございます。
小学校時代の恩師の旅立ちを同窓生みんなで見送られたとは・・・!
伺っているこちらまで感動してしまいました。

今の時代では考えられないような、深い絆を作れた先生なのですね。
その様な恩師の方に出逢えた方は皆、人生を大切に生きてらっしゃるでしょうね。

今、子供達に必要なのは、知識よりも「知恵」。
全く同感です。
知ってるだけではなくて、使うことが出来てこそ生かされるのが「知識」。

様々な知識を生かす「知恵」には、深い意味がありますね。
それを示してくれる人、授けてくれる人はまさにキーマン。
その様な人や環境に巡り合う機会は、人生に於いて本当に貴重ですよね。
経験から培われる知恵も、何にも代え難いですね。

「知識・経験・知恵」 それを叶えるのが、良き出逢いなんですよね。

なんだか、社訓のような話になってしまいました(笑)


2008/02/26 (Tue) 15:03 | EDIT | REPLY |   

モンスターゼロ  

No title

>感動的なお話、ありがとうございます。
>小学校時代の恩師の旅立ちを同窓生みんなで見送られたとは・・・!
>伺っているこちらまで感動してしまいました。

通夜当日、どうみても我々の親に近い女性が喪主の奥様にしきりにお礼の
言葉をかけておられたので、「昔の保健室の先生か?」なんてヒソヒソ話を
していたら、なんと!その方も教え子だったとのこと。たまげました!


>今の時代では考えられないような、深い絆を作れた先生なのですね。
>その様な恩師の方に出逢えた方は皆、人生を大切に生きてらっしゃるでし>ょうね。

たった2年間(小5&6)の担任でしたが、全力で私たちに向かって来てくれた
と言う印象と言うか、今思うとそう感じざるを得ません。すごいことです。
ご自身の子供より年下(おそらく)のガキ共相手に!頭が下がります。
全員ではないにせよ、この先生から受けたカルチャーショックなり目覚めた
事象が、その後の人生に多大な影響を感じた同級生は何人かいますね。


>「知識・経験・知恵」 それを叶えるのが、良き出逢いなんですよね。

”良き出逢い”・・・良い言葉です。
以前も貴ブログに記したと思いますが、一期一会と言うか相手に興味を
持つと言うか、自分が興味を持って欲しければ自分から!ですよね。


>なんだか、社訓のような話になってしまいました(笑)

社訓にしようか真剣に考えております?!(笑)









2008/02/26 (Tue) 17:04 | EDIT | REPLY |   

Post a comment