吉野の杜

山そのものが御神体のように、神気溢れる吉野山。



吉野という地は、この国の創世以来の地の神々(宗教以前の神々の魂)が、今も静かに生きている処なのかも知れない。国の名前すら無い時代からの太古の土地神が、吉野には残れているような気がする。

昔は全国各地に在った自然神。

国の成長と同時に追いやられた数々の太古の神々(精霊)の仲間が、吉野には残れているのではないだろうか。

そうなれた理由は、もしかすると考古学の一考察にあるように、太古の神聖な邦(クニ:邪馬台国)が在った地だったのかも知れないし、或いは太古から吉野の地に祈る人々の魂に呼応して、この神気が息づいているのかも知れない。

とにかく、現代人に薄れている何らかの感性を甦らせる気に満ちているのは確か。

その古来のままの姿が放つ杜の慈愛には、ただただ頭を垂れるのみ。




Related Entries
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment