無限の空



これまた究極の癒しフォトをRさんから戴きました。
沖縄の大地から見上げた感動的な空。
拝みたくなるような光景を、Rさんありがとうございます。

人生のすべてを包み込むような、限りなく開放的な、輝くような空と雲。
限界なんてものは、人間の意識の問題。

限界は屈するためじゃなく、越えるためにあるなぁと思ったのは、
先日三重県鈴鹿市で行われた『すずかフェスティバル』に「限界突破」と銘打って臨み、見事に大賞に輝いた『勝山組』の演舞「南中ソーラン」を観て、そのことを痛感しました。
毎年同じ演舞(南中ソーラン)で出場することの難しさ。しかも昨年準大賞を受賞した翌年の出場で、大賞に輝いたことの大きさ。

勝山組の舞いは、海神(ワダツミ)のよう。勇壮な海の神楽のような舞いに感動です。
改めて、勝山組の皆さん大賞おめでとうございます!
2008年すずフェス「勝山組の演舞"南中ソーラン"」(YouTube)

写真に収められた沖縄の圧倒的な開放感からは無限のメッセージを感じます。
可能性を封じ不自由にしているのは、己自身の気持ちに他ならない・・ということ。

Related Entries
  • COMMENT:1
  • TRACKBACK:0

1 Comments

R  

No title

レアさん いつもありがとうございます。本当にそのことに気付かされる毎日でした。無限の空を抱きしめ頑張ります!勝山組!心からおめでとー!いつか生で見にいくぞー!

2008/08/10 (Sun) 20:55 | EDIT | REPLY |   

Post a comment