地球が我が家



なんと長閑な風景でしょう。これが「本当に仙台駅から電車で10分の場所なのか!?」…と思ってしまうような、梅田川の堤防です。

日曜日、お天気も良いので娘を連れて散歩しました。

まだまだ乙女な彼女は、菜の花摘みに一生懸命です。



対面鑑定へ初めて来られる皆様は、駅からの徒歩コースでこの堤防を歩かれると思いますが、この河川にはカワセミが巣を作っている為、自然保護の声が盛んです。

野鴨や白鷺も泳ぎ、水面下には鮒のような魚も見えます。

こんな原風景が、街から一歩外に出ただけで広がっている仙台。



以前と違って、街中の喧騒から離れた静かな空間で鑑定をしていると、本当に必要なものの価値に改めて気付いてきます。

世の中に於ける高い低いや優劣ではなく、自分らしくあることが何より大切です。

私の元へ鑑定に来られて、今まで忘れかけていた素顔の自分の魅力と可能性に気付いて頂けることが、私にとって何よりの喜びです。



変化は成長の糧。



初めての転校を経験した娘が時折言うことがあります。

「地球の上なら、どこでも生きていける。」

たった七つの少女は、地球を一つの家に感じているのかも知れません。

その野性の知恵で…。




Related Entries
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0

2 Comments

ゲスト様  

No title

AUTHOR:り~ふEMAIL:URL:IP:60.45.165.95DATE:04/28/2006 23:22:58レアさん、こんばんは。先週の土曜日に鑑定していただいた者です。私がレアさんのところにいった時も、梅田川沿いの道を歩いていきました。とてもうららかな日和で、ぽてぽて歩いていくうちに、自分がいつの間にか10歳くらいの頃に戻ってしまったような気持ちになりました。以前、レアさんと、神社の参道は‘産道’であるというお話をしましたが、この梅田川沿いの道も、レアさんの鑑定を受けに来る人にとっては参道(産道)として存在しているのだなあ…と後から気付きました。私の好きな白洲正子さんが、「歌舞伎に花道、お能に橋掛かりがあるように、人は参道を歩いていくうちに、だんだんと心が出来上がっていく」というようなことをおっしゃっていますが、私がレアさんのところに行ったときも、まさにそんな感じでした。うずもれていた自分を見つけることができたように思います。まさにりボーンですね。ありがとうございました。

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

ゲスト様  

No title

AUTHOR:峰レアEMAIL:URL:IP:218.112.89.19DATE:04/29/2006 13:09:45り~ふさん、先週はお越し下さり有難うございました。参道(産道)のお話しを始め、深いインスピレーション溢れる印象深いお話しが出来て、私もとても有意義な時間を過ごさせて頂きました。有難うございます。Rebornのお手伝いになれば本望です。り~ふさんのご躍進を、心からお祈り申し上げます。

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

Post a comment