新しいけど古い手帳

BRIT HOUSEの手帳

この季節、文具・ステーショナリーコーナーには、来年の手帳やカレンダーが並びます。
以前はバイブルサイズのシステム手帳をフル活用していた私ですが、一度ノートタイプを使って以来、システム手帳から離れました。

たまたま先ほど店で見つけたのが、BRIT HOUSEという国産ブランドの手帳。
A6サイズのスケジュールブックを中に入れて使えるところが気に入りました。
しかも、これ現品限りで「お取り寄せ致しますか?」と言われたのですが、茶色の革が物凄くイイ具合で、絶妙なヴィンテージ風味をかもし出していたので、
「これ、下さい。」ということで、定価で購入。
(ちょっとは値引きを期待した私でした)
お店にある見本品を売ってもらう、この根性・・・。またか、という感じ。

でも、このカバーの中味はカスタマイズしました。
スケジュール帳本体は、DELFONICS社のレフィルに交換。



だって、『デルフォニクス』ですもの・・・・「銘柄」優先。

Delfonics

因みに私は、デルフォニクスの音楽を愛していますが、妊娠中のつわり期間は、他のソウルは聴けるのに、何故かデルフォニクスのウイリアム・ハートのファルセットが流れると、つわりの症状が出るという不思議現象を経験しました。今だに不思議です。

来年のスケジュール帳が決まると、ますますモチベーションが上がりますね。
これからは、この一冊で全てのスケジュールを管理します。
Related Entries
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0

2 Comments

モンスターゼロ  

No title

なんと!ユニークな名前のメーカーがあるのですね!驚きました。
さぞスィート且つソウルフルなスケジュールが
書かれることでしょうね(笑)

2008/09/30 (Tue) 14:52 | EDIT | REPLY |   

峰レア  

No title

そうなんです!
私も初めてこのメーカーを発見した時は、目を疑いました(笑)
ステーショナリーのメーカーでは、わりと有名なようです。

スイートな予定で埋まることを願いたいものです!
(まず無いでしょう・・・涙)

2008/09/30 (Tue) 23:26 | EDIT | REPLY |   

Post a comment