「ありのままの自分」

人は、他人のことは褒めても、ありのままの自分を、心から受け入れたりしないものですよね。
とかくニンゲンは、自分に対して否定的。

自分を褒めることが出来ない(認めることが出来ない)人は、理想を追い求めやすく、
「 現実 」と向き合っているつもりでも、心は、「 限りなく過去に近い現実 」を見てしまいます。

ゲストをリーディングをしていて、よく感じるのは、
その人の魂が今、一番なにを望んでいるか・・・ということです。

優しく包み込まれ、自信を持ちたい自分がいるにも関わらず、
頭デッカチな考えが、あたかも真実であるかのように、自分を否定することがあるはず。

人は、無意識に感じとっている情報の方が、遥かに核心に迫っています。
だから、私はよく 「 頭で考えるのを止めること 」 をアドバイスします。

考えるのではなく、自分の中にある 「 感じる眼 」で、見つめること・・・
そうするだけで、相応しい解釈・判断が見えてきます。
時には、「 変化 」をもたらす道が見えてくるかも知れません。
でも、それを導いたのは、地に足を着けた 「 ありのままの自分 」 なのです。

そして最も大切なのは、
ありのままの自分を受け入れ、歩み始めることです。

メインサイト【タロットセラピー SOUL-JAM】
峰レア タロットセラピー SOUL-JAM
Related Entries
  • COMMENT:1
  • TRACKBACK:0

1 Comments

R  

No title

何度も読み返してしまいました。ありのままの自分であること。理想と現実を見極め前を向いて歩むこと。過去に思いふけらず未来に胸ときめきたいです。まずは!基本に立ち返り再スタートです。

2009/02/04 (Wed) 17:51 | EDIT | REPLY |   

Post a comment