霊妙


昨日のモモのセレモニー
雨上がりの青空のもと、小さな小さな桐の箱を受け取りました。

モモの旅立ちは、充分に咲き終えた桜が、静かに花びらを散らせるように
自然で、その姿はとても霊妙でした。

「 全うした 」という言葉そのもの。

よく驚かれるのは、21年間、一度も病気やケガをしなかったということ。
一歳時に避妊手術を受けただけで、あとは一度も病院に掛かったことが無いのです。

体の丈夫さ以上に、彼女の気質と神経が、ずば抜けて逞しかったからでしょうね。
クールで利発で、明確な意思を持ち、家族の誰とも平等なスタンス。
誰に慣れて、誰に慣れないこともなく。
どんな変化にも適応できる しなやかさ。
とにかく、野性の逞しさと気高さと、柔軟性を持った、とても賢いネコでした。

晩年は、人間離れならぬ 「猫離れ」した神秘的な静寂さを増し、まるで白い猫神様。
ことによっては、私の曾祖母の持つ空気とそっくりでした。

人間も動物も、個性はさまざま。
命あるもの、与えられる時間はそれぞれ異なりますが、
時間の長短よりも、どう生きるか、どう生きたかを尊びたいですね。。。

命のあり方は、みな尊く、霊妙ですから。

余談ですが、私が占星術とタロットを本格的に始めたのは、モモが生まれた19歳の年。
その2年後に、私はプロとして活動を始めています。
その後、結婚し、子供も生まれ、仕事も独立。。。

19の小娘だった私が、人並みにアラフォーになるまでの間、その生き様の全てを
彼女に見守られていたような想いになるのは、当然かも知れませんね。
感謝と祈りを捧げていきたいです。
Related Entries
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0

2 Comments

りんこ  

No title

先生、こんにちは。

昨日テレビで見たお話に通じるものがあって、
不思議な気持ちです。
人生を全うするということについて。

時間は、長いようで短くて。
それは、後から気がつくことが多いですよね。
無駄だと思うような時間も、
全うすることの中に含まれているのかなぁ、と。
先生の日記を読みながら、そう思いました。
だから、短く終えることができたり、長引いたり。
人それぞれなのかもしれませんね。

こちらの桜は、やっと開花しました!

2009/04/16 (Thu) 18:35 | EDIT | REPLY |   

峰レア  

No title

りんこさんの所の桜は、これからが見頃なんですね。
仙台は一昨日辺りがピークでした。

咲いている時間は短いのに、様々な想いを溢れさせる桜にしても、
自然が営むことは、何一つムダがないですね。

今回、生き物の命や時間も、まったく同じだと思いました。
一瞬一瞬の中にも、奥行きを感じます。
そこから何を感じて、どう生きるかは、人それぞれですね。

でも今回のモモを通して、生き物は本質的にポジティブだと
改めて思いました。

桜、満喫してくださいね☆

2009/04/16 (Thu) 22:50 | EDIT | REPLY |   

Post a comment