慈雨の歌~Travessia

Travessia
時々無性に聴き浸りたくなる曲__
ミルトン・ナシメントのデビュー作『Travessia』は、いつ聴いてもウルウルしてしまう。
おそらくこれからも沢山の人々に歌い継がれていく、不朽の名曲。

"Travessia"は、「ひとすじの道」のような意味で、歌詞には人生の紆余曲折が詠われています。
心の隙を、魂の根っこを、ギュッと掴まれるような、切なくも美しい旋律。
涙も枯れた心をそっと撫でる、やさしい風のような歌。
YouTubeにLive映像があるので、機会があったら聴いてみてください。

中学時代のある夜、何気に流していたFMラジオでミルトン・ナシメントの特集が始まった時、すぐに近くにあったカセットテープ(古!)をセットして即座に録音したのを憶えています。
あまりに感動的な曲ばかりだったので。。。
その時、物凄く複雑なコード進行で、不思議な安堵感を感じる曲が流れたんですが、それだけ未だにタイトルが分からない。あれは確か、16小節で一つのコード・パターンが完結する曲。
未だに、あの曲を越える、複雑で慈愛に満ちた曲を知りません。

でも、"Travessia"は別格。理屈抜きに、いつでも胸を揺さぶる。
そんな曲は、そう多くは存在しないかも。。。
この歌は、乾いた大地に降り注ぐ慈雨。魂の歌。

Related Entries
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0

2 Comments

ミー  

No title

お久しぶりです
以前ここにお邪魔させていただいたミーです
レアさんミルトン・ナシメントは心に沁みますよね!!
心をぎゅーっと掴まれてしまいます
それにしても凄いですね~ 中学生から聴いておられたのですか?
私が中学の時はおきまりのようにパンクばかり聴いていました
ロック好きな私ですが・・・最近年のせい??
ただガンガン押し出してくるような(うまく表現できませんが)
音楽が苦手になってきました・・・
頭の先から体に入ってきて心地よいフリクションは別ですけど~
今回のツアー中にARABAAKIに出演されていたのですね
不覚にも知らなかった!!知っていたら行きたかったです(泣)
レコ発(今もこう呼ぶのでしょうか?)ツアーは都合で2ヶ所
しか行けませんでしたが・・・友人の知り合いがレックさんと
面識があって少しだけお会いすることができました
想像していたとおりのお人柄で笑顔が素敵なレックさんでした
絶対お会いできたらお伝えしようと思っていたことも・・・
緊張してあまり話せませんでした
夢のようでしたね・・・
また仙台でもLIVEがあったら行きたいと思います
素敵なお勧め音楽があったらまた教えてくださいね!!







2009/05/18 (Mon) 14:12 | EDIT | REPLY |   

峰レア  

No title

ミーさん、お久しぶりです☆
ミルトン・ナシメントとフリクション両方の話題を語れる方がいて嬉しいです!

レックお元気そうですね!お話し出来たなんて羨ましい限りです☆
まさかの新譜。。長年のファンには堪らないでしょう!
レックは元々はギタリストだと主人から聞いていたので、新譜聴いてゾクッとしました。

「こうでああで、こういう人なんだよレックは・・・」と様々なエピソードを聞かされましたが、
それらを総合すると、レックは とても「ナイスガイ」なんだなあと。。。
私もお会いしてみたいです ^^

ミーさんが仙台に遠征する機会があったら、ぜひ教えてください。
主人と繰り出します。(多分、ミーさんと趣向が近いかも)

2009/05/19 (Tue) 23:06 | EDIT | REPLY |   

Post a comment