オーラ・リーディング



玄関ポーチに置いているサフィニアです。

開花時期が長くて、この通り目が痛くなるほど色も鮮やかなので重宝します。



だいぶ昔から、色を連想して事象を読み取るということを、自分なりに「カラーリーディング」と言って来ましたが、そのカラーというのは他でもないオーラです。

(因みに、某オーラ系人気番組や占い番組系全般は、本当に大の苦手なのです…)



私のオーラリーディングの場合、依頼主の肩から頭部にかけて、その方に関連する人物(例えば恋人や家族など)や他様々な事象が「色」を纏って顕れ、更に「吐露される想い」を口寄せ的に読み取って行きます。

「色」というのは想像以上に雄弁で、色の中には様々な情報やメッセージが込められています。



例えば、思索するあまり 自分の本心や本音をブロックして閉ざしてしまっている場合などは、かなり濃いブルーが見られることが多々あります。

刹那的な友情がある場合は、大概明るいオレンジ色として感じられますし、自分の世界にストイックな傾向が強い方や、個性的な趣向を持っていたりアーティスティックな傾向が強いケースではライラック系(淡い紫色)の色が幅を占めて感じられたりします。

兎に角、タロットと同じかそれ以上に、その波動によって無限のメッセージを発しているのが「色(オーラカラー)」なのです。



ただ、唯一共通するのは 恋愛相談に来られる方の多くには、何故か薄ピンク系が見えることが多いということ。

これは、相手を想ってはいるものの、過去から未来に向けて何らかの不安があることを示す典型的なカラーです。

つまり、相手の気持ちに不安がある時の「切なさを含んだ愛情の色」なのです。

そんな時は、お相手の「色」と「想い」までもが重なって、口寄せのように私の中に入って来るので、それを依頼主にお伝えしていますが、大抵は考え過ぎや取り越し苦労ということが多いものです。



まだまだお話ししたいことはありますが、また次の機会に…。

「色」というのは本当に神秘的ですね。


Related Entries
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0

2 Comments

ゲスト様  

No title

AUTHOR:あみEMAIL:URL:IP:70.187.11.157DATE:07/02/2006 09:21:52実は私、例のオーラ系番組に対するレア先生のご意見を聞いてみたいとずーっと思っていました。(^・^) 苦手でいらっしゃるんですね、、 ちなみに私はアメリカに住んでいながら毎週録画して見ています♪

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

ゲスト様  

No title

AUTHOR:峰レアEMAIL:URL:IP:218.112.89.19DATE:07/07/2006 21:44:18確かにあの番組は確かに興味深いものを放っていますよね。単に私の場合は、霊能者や占い師の類は、テレビの中ではなく 裏方で人を支える仕事だと思っている人間なので、あの手の番組(と出演者)の一切が苦手…というだけのことなんですよ。ここだけの話ですが、唯一 美輪明宏さんという方は生前の三島由紀夫に纏わる有名な霊的逸話を持つような方ですが、何れにせよ「あの種の傾向」は 美輪さんを知る人の中だけに秘めておいて欲しかった感じはあります。そこだけが残念で、見ないんですよ…(笑)

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

Post a comment