梅雨の花々



先日は茹だるような暑さでしたが、今日は梅雨空に逆戻り。

仙台の気温は21℃だとか…(寒っ!!)

この寒暖の激しさが仙台の特徴かも知れませんが、庭には益々花が咲いてきました。



まずは、庭の東にあるオベリスクに這わせたテッセンの花が本日開花。

青い花は大好きですが、何より緑の葉っぱに癒されます。

私は、花よりも葉っぱが好きなのかも…。



他にも、オリエンタル・リリーや額紫陽花、名前不詳の紫色の花、黄色い百合…etc.

よくも狭い庭にこれだけの花が咲くものだと思う光景ですが、やっぱり私は大きな樹木が自然に在るような庭(ターシャの庭のような)に憧れる人間で、何とか木を植えられないものかと思案しているところです。

たまに道端や山沿いに生えている野性の木の苗を見ると、抜いてきて庭に植えたくなります。

ねむの木や欅などの、風になびいてサラサラと鳴る葉の音ほど心地好いものは無いでしょう。

ましてや、この温暖化の元では、全ての木々は地上の宝です。


Related Entries
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment