New Bracelet☆Angel

新作ブレスレットをアップしました。
まず上の画像が、ANGEL "Sacred Field" というテーマのブレス。
眺めていると、神聖なサークルに見えるブレスレットです。

今回の2点は、水晶だけを組み合せたデザインです。
水晶だけで作られたブレスの素晴らしい点は、浄化エネルギーが優れていること。
塵や埃を流し清め、本来の輝きを取り戻してくれるような、そんなenergyがあります。
どちらも在庫僅かとなったハート水晶を使用しています。
こちらは、ANGEL "HeartWing" というブレス。
48面カットの透明度の高い水晶を、ハート水晶(ラウンドタイプ)が囲んでいるフォルムが、
天使の翼のような雰囲気。。。このモチーフを4つ組み合せました。

実は私、「4」という数字に何故か惹かれるんです。
日本では縁起が悪い数として扱われがちで、昔は私もそう感じていたんですが、
私にとっては、「神聖な領域」を示す数に感じてならないのです。

余談になりますが、今から20年近く前、タロットの仕事を始めて間もない頃、
ある知人から 『建物を取り壊すと、良くないことが起こることがあるのは何故か?』
というテーマをタロットで見て欲しいと言われ、それをリーディングしました。

そこで強烈に印象に残ったカードが、『 ワンドの4 』でした。
それを見た瞬間、神を祀る(カミが住まう)「 祠 」のイメージが湧いて仕方なかったのです。
四つの支柱があれば、その場は社(やしろ)になる。
つまり、「建物」はそもそも、人間ではなくカミ(精霊)を祀るところから始まっているのではないか?
精霊などの目に見えない気や、その土地の気(魂)などが、まずはその社に住まう。。。
人が建物に住むのも、「なにか」と同居するような・・(笑)
そう感じて仕方なかったのです。
おかしな話と思われるでしょうが、その時のリーディングが今でも強烈に記憶に残っています。

そんなわけで、以来私は「4」という数字からは「安定」や「繁栄」、
「神聖な領域」というイメージを持つようになりました。

そもそも、タロットの小アルカナのスートは四大元素(火・水・風・地)を象徴しますし、
それは、西洋占星術の12星座のエレメントに対応しています。
そういう意味でも身近な数なんですよね。

長い余談になりました。。。
今回も気に入って下さる方の元にお届け出来るのを楽しみにしています。

旧作ブレスレット全品20%OFFです♪
Natural Stone Accessories


★割引特典★
SOUL-JAMのセッション利用者様は、天然石ブレスレットを10%OFFでご利用頂けます。
(値引き商品との併用は出来ません。)
尚、フルオーダー制作は、納期まで約2週間ほどお時間を頂戴しております。
お気軽にお問合せ下さい
Related Entries
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment