祇園祭に友禅染



再び、京都の呉服店「ふくら雀」さんのAuctionにある小幅糊伏せ板場友禅引染小紋に、職人芸の奥義的作品を発見しました。

まるで往年の千代紙のように繊細で、表現しがたい配色や奥行きを感じる柄、更には梅の草木摘出液を配合した染料を使用するなどの職人さんの拘りが結集した、心と技が込められた作品に感動。



それに加えて、今この時期まさに古都・京都は祇園祭の真っ最中!!

…というわけで、現地で生で見られない東北人の私は、この様な素晴らしい友禅染という伝統や、雅で荘厳な祇園祭というものを継承する京都人の魂について、クドクド書きたくなりました。



祇園祭は京都・八坂神社のお祭りですが、なぜ「祇園」と呼ばれているかは意外に知られていません。

八坂神社の現在の祭神は素盞鳴尊(すさのうのみこと)ですが、明治以前までは疫病から民を救うとして知られる天竺の神「牛頭天王」を祀る「祇園社」として存在しており、神仏習合の色濃いお社と認識されていたようです。

そして平安京に蔓延する疫病を鎮める為に始まった祭りが、今の祇園祭のルーツのようです。

しかし今では、祇園という名称が天竺発祥というより、「京都そのもの」と感じられるほど、圧倒的に雅で美麗な趣を持つ祭として伝承して来た京都のエネルギーに、改めて感動するばかり…。



▼下記リンク(京都新聞社)では、今年の祇園祭の模様が臨場感溢れる動画で見られます。

「京都祇園祭2006」



京都には、現代の日本に薄らいでいる自然な信仰心と、古から在る美意識が一体に重なり、今日も日常にごく自然に息づいています。

改めて言う間でもありませんが、伝統文化に命を添えて、現代に伝承して来ている稀有の都です。



京都人気というものも、単なるお洒落や懐古主義に留まらず、世界に誇るべき「和の姿勢」を自然に見習えることが出来たなら、日本も魅力ある姿に甦るような…そんな気がします。



▼京都から贈る小粋な着物と和装小物

・ふくら雀(公式サイト)

・ふくら雀(Auction)
Related Entries
  • COMMENT:3
  • TRACKBACK:0

3 Comments

ゲスト様  

No title

AUTHOR:ほろりEMAIL:URL:IP:219.111.121.33DATE:07/17/2006 23:15:43先月、対面鑑定をしていただいたのを機によくのぞいています。レア先生自身も京都が好きでよく行くのでしょうか?私にとっても京都は憧れの土地で、一昨年旅行に行きました。苔寺が一番の思い出です。先生にひとつ質問があるんですが…。私の友人で、ローズクオーツを身につけてから彼氏ができたという人がいます。この友人はこのジンクス2度ほど成就の後、2度目にできた彼氏と来月結婚します。石にはそのような力があるといいますが、効果は強いと先生は思いますか?その友人にあやかって、「その石を譲って!私にもいいことがあるように…」と頼んだところ、「ダメだよ。願う相手が変わるたびに石も変えたんだもの。」と言われました。石対自分、の関係として考えるべきなのでしょうか?それとも友人のように、石対思う相手、でそのたびに違うものをと考えた方が良いのでしょうか?先生のごく個人的な考えで良いので教えてください。私個人としては、石対自分個人の関係でひとつの物をずっと持っていた方が良いと思うのですが…。

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

ゲスト様  

No title

AUTHOR:峰レアEMAIL:URL:IP:218.112.89.19DATE:07/18/2006 08:09:52ほろりさん、対面鑑定へお越し下さり有難うございました。私も京都(奈良も)好きですよ!あの雰囲気と、住んでいる人達の空気が何とも言えず大好きなんですが、ここ数年 行くチャンスが無いのが残念です。さてさて、ご友人のお話の件ですが、とても興味深いですね。天然石の中には、パワーストーンと称されることで商品価値を加えられたものが沢山ありますが、私個人は「石自体が不思議な力を持つ」とは考えてはおりません。それよりも、人間の測り知れない感性や無意識が、石の放つ微細なエネルギーに感応したり共鳴したりすることで、不思議な展開が生じることは有り得るように思います。ローズクオーツならば、あの半透明の薄ピンクに優しく癒されるような感じを覚えたりするでしょう。その感覚が「石との共鳴」ではないかと思います。ご友人の場合も、石が恋を招いたというよりも、石と無意識に感応することを繰り返すことで、その良いジンクスが結婚にまで結び付いたのではないでしょうか。正にパートナーストーンとして大切にされると良いと思いますよ。ほろりさんも、ご自分の感覚・直感を頼りに、「欲しい」とか「好き」と感じた石やアクセサリーがあれば、それを大切に持ってみるのも良いかも知れませんね。御参考になれば幸いです。

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

ゲスト様  

No title

AUTHOR:ほろりEMAIL:URL:IP:219.111.121.33DATE:07/18/2006 22:29:39レア先生 今日も雨でしたね。でも、実りのためには雨も必要ですよね。参考になるお話、ありがとうございました。石を持ったから幸せになるんじゃないんですよね…。でも、人もストーンも出会いなんですね。気の合うストーン、どこかにあるといいな、と思います。ちょっと最近、鑑定していただいた時から状況が変わってしまったので、また近いうちに鑑定お願いするかもしれません。その時はお願い致します。また書き込みしますね!

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

Post a comment