漆黒の肌



ソウル系アルバムの中でも個人的にお気に入りの一枚、「メイン・イングリーディエント」のジャケットです。

このリーダー(小さいTVに映った三人の真ん中)は、アカデミー俳優キューバ・グッディングJrの実父、キューバ・グッディング・シニア。

あの機関銃のように捲し立てる喋りは、父から子に完全に受け継がれたようです。

何より、このジャケットは黒人の女の子が可愛い!!

こんな雰囲気を、サイトのプロフィール画像に使いたいと思って頑張りましたが無駄な抵抗でした。

が…しかし、これまであまりにも眼光鋭いリアル画像ばかり使ってきたので、本当の顔が分からない写真に変えました。

(サイト全体も少しイメチェンして行こうかと思案中です)

昨年、TV番組の占いコーナーに写真を載せるので、写真を送って欲しいと言われた時も、眼光鋭い写真は却下されたようでした…(泣)

占い師は神秘的な方が、メディアウケが良いようです・・・



因みに、このアルバム収録の名曲「Just don't wnat to be lonely」は、フィリーソウル界の雄 Bobby Eliによる曲で、他のグループも歌っていますが、個人的にはフィリー出身の「Blue Magic」のテイクが非常にSweetで大好きです。



明日からおチビさん達は夏休み。

仙台はここ数日20℃前後を彷徨うような低温・日照不足続きなので、チビさん達のこんがり漆黒の肌を見ることはまだ難しそうです。
Related Entries
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0

2 Comments

ゲスト様  

No title

AUTHOR:モンスターゼロEMAIL:URL:IP:219.106.251.41DATE:07/25/2006 15:52:02こちらの方にもおうかがいさせていただきました。メングレのこのジャケですと確か、あの“Work to do”が入っていましたよね?この頃はニューソウル、SSW、ロックもみな混在状態でお互いにカバーし合いながらイイ感じの曲がたくさんありました。初期ドゥービーやスティーリー・ダンまで及んでしまいます。メングレですと有名な“Everybody plays a fool”なんでしょうが、小生ディスコ全盛時にヒットした、“Rollin' down a mountainside”がなにげに好きです。

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

ゲスト様  

No title

AUTHOR:峰レアEMAIL:URL:IP:218.112.89.19DATE:07/26/2006 20:14:57ゼロ様、コメントありがとうございます。アイズレーの原曲“Work to do”、最高ですよね!確かメングレのこのアルバム、半数はカバー(スティービーの曲など)なんでしたよね。なるほどその様な時期だったんですね~、勉強になります。余談ですが最近、アイズレーの"Harvest For The World"をよく流しています。

1999/11/30 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

Post a comment