義援金の取り組みについて

☆義援金の取り組みについて☆
この度の東日本大震災を受け、私自身も被災地宮城に住んでいますが、
ほんの僅かでも地元に恩返しとして出来ることは何かと考えて来ました。
その結果、とても在り来たりな答えではありますが、毎月の収益から地元宮城県へ
「義援金」を寄付しようと考えるに至りました。

個人セッション一件(タロット講座も含む)の収益から、一律500円。
オリジナルブレスレット一点の収益から、一律1000円。
これらを積み立て、来月15日以降 毎月15日に『宮城県災害対策本部』へ義援金として寄付したいと考えております。
※義援金の取り組みに係る料金の引き上げ等は一切ありません。
この「義援金」は、被災者の方々の生活支援金となります。

送金方法は「ゆうちょ銀行(加入者名;宮城県災害対策本部 口座番号 00170-0-526)」経由を予定しております。
私自身も少なからず震災の影響を受けてはおりますが、
少しでも地元の救済・復興の力になりたいと考えています。

ところで昨日、震災後初めて、近隣の仙台新港付近から仙台市中心部に掛けて、車で街の様子を見て来ました。
自宅を出て15分。仙台新港に近づくにつれ、大津波によって押し流された無残な姿の自動車が至る所に残されていました。
その大破の仕方は生まれて初めて見るもので、津波の力がどれほど甚大で、人知を越えるものかを物語るに充分でした。

港を離れて仙台市中心部に向かってみると、街の風景は震災前と殆ど変らず、人々も落ち着いて見えるのが救いでした。
少しだけ変わった点と言えば、リュック姿と自転車に乗る人が以前よりも多い点ぐらいでしょうか。。。
仙台市中心部の活気は生きる希望に繋がります。
沿岸部の被害はそれは甚大すぎて、復旧にも膨大な年月が必要になると思いますが、
街全体が復興を遂げるまで、私自身にも少しでも可能な限り、
義援金・寄付金の活動を続けて行きたいと考えております。
まずは地元宮城県へ。そして月ごとに義援金の送り先を福島・岩手など近隣へ及べるようにしたいと思います。

震災による影響で、まだライフラインが復旧していない地域や、
避難所での不自由な生活を余儀なくされている方が沢山いらっしゃいます。
体力的にも気力的にも今が一番のふんばり時かも知れません。
もう少しです。どうかどうか、がんばってください!
岩手、福島在住で被災された皆様、茨城・千葉で被災された皆様、
どうかご自身の身体もいたわりながら、乗り越えられることを祈っています。
今日、福島県にお住まいの方からお電話を頂きました。
福島第一原発の被害と不安が、一日も早く取り除かれますように・・!!
このことは言葉に出来ないほど、毎日のように心から祈っています。

☆対面セッションの再開について☆
JR仙石線は、仙台市中心部「あおば通り駅」から、私の住む最寄り駅「小鶴新田駅」までが今月中に復旧するようです。
そこで、対面セッションは来月4月1日から再開したいと思っております。
当面は「対面セッションは一日2名様まで(13時と15時半のみ)」の予定です。
新幹線・在来線など交通機関が復旧・安定するまでは、電話鑑定と対面鑑定を五分五分の形で受付けて行く予定です。
詳しくは後日、ブログにてご報告したいと思っています。
これからも、多くの出逢い・再会を心待ちにしております!


峰レア

タロットセラピーサロン SOUL-JAM
宮城県仙台市宮城野区仙石8-8
峰レア タロットセラピー SOUL-JAM
Related Entries
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment