自粛と不謹慎

大震災、そして原発事故、それらを受けた全国的な自粛ムードがありますが、
私は別にそういうことを強制する必要は全く無いと感じています。
普段通りに過ごせていることに、心から感謝をしているのなら、
せっかく美しく咲いた桜を眺めて 『 あ~、桜って、やっぱり綺麗だよな~ 』と
被災者の方々や不眠不休で救助活動している方々の分も、自然を愛でて来て欲しいぐらいです。
こういう今だからこそ、自然の脅威も恩恵も、悲しみだけでなく喜びも、両方とも皆で分かち合って行ければいいと思ってます。

日本人はやはり少し画一的なところがあるので、こんな非常時に!と目くじらを立てる人もいるかも知れませんが、
あらゆる感情の内側には、既に深いところで無意識に共有している民族的な部分があるはず。。。
ですから、必要以上に「自粛」を促すのは、心にとってかえって不健康です。

今から全国的に見頃を迎える桜。
初夏から夏にかけてのお祭り。
すべて、普段どおりに行って欲しいくらいです。
(津波で甚大な被害を受けた石巻が、川開き祭りを例年通り行うと知った時はとても嬉しかったです)

「 祝い 」 と 「 弔い 」 は、背中合わせ。
どちらにも、根底には「命」への畏敬の念が流れています。
そういう、本当に奥深いところを、今だからこそ感じることの出来る人が増えて行けばいいなと思います。


Related Entries
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0

2 Comments

Elissa  

No title

まったく、その通り。自粛でかえって、経済が低迷するばかり。どっかの東京都知事は言葉自体を自粛いただきたい。あ~あいうもの言い方しかできない古い政治家たちにはうんざりです。

2011/04/03 (Sun) 15:28 | EDIT | REPLY |   

峰レア  

No title

>Elissaさん
本当に、自粛=経済低迷なのは目に見えてるのに。全てひとくくり。
(日本人の)麗しい精神性が悪い方に影響して、結果的に衰退の道を歩むことに一番危機感を感じます。

2011/04/04 (Mon) 08:44 | EDIT | REPLY |   

Post a comment