屋敷豪太さん

前々回の「梅ちゃん」の最後で触れた吹越満さんと言えば、先ごろ『巷説百物語 狐者異』に出演していた。

このドラマは放映前から密かに楽しみにしていた。

監督も「ケイゾク」「トリック」などの堤幸彦さんだったし、出演者に個人的に好きな俳優さん(大杉蓮や嶋田久作ほか)が名を連ねていたのもそそられた。

しかし、何よりこのドラマの音楽担当は、あの伝説のレゲエ・ダブバンド『ミュート・ビート』の「屋敷豪太さん」という点が個人的には大きかった。(私がミュートのLiveを観た88年頃は屋敷さんはいなかった気が…)

活動拠点を英国に移してからの屋敷さんは、初期は『Bomb The Bass(写真)』などからビョークに至るまで数え切れないアーティストのプロデュースを手掛けるようになっていた。

その屋敷さんが音楽担当のドラマ!?…ということで観たドラマ、「狐者異(こわい)」…。

大杉蓮さんが水を得た魚のように「じじい役」演じていたのが嬉しかった。面白いドラマです。




Related Entries
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment