太陽と月



今朝の金環日食。
東北からは一部が残る部分日食でしたが、良く晴れていて見れました。
部屋にあったブルーのファイルを三つ折にして何とか撮影。
小学生の時、学校の校庭で皆で下敷を使って見た記憶以来です。
完全な金環日食を見れた方は、神秘的な感覚だったでしょうね。

私は球体恐怖症のようなところがあって、特に天体などの球状のものを見ると無限空間に落ちるような感覚に襲われます。
今の太陽の実際の大きさも、100年以上前の観測と変わるのでしょうかね。
赤色巨星(に向かってる)としても、100年ちょっとで変化するものなのか。

でもまあ、宇宙からすれば、100年の時間なんて一瞬のようなものですよね。

Related Entries
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment