『現役』ということ

~今日の夕方の自分のTweetより~

10代の頃、気がつけばラジオでよく耳にしていた方をTwitterで見つけて、嬉しくなってフォローしていた。
最初は興味深くTweetを見ていたけれど、何となく今の自分との温度差を感じる部分が見えてきた。。


その温度差は何なんだろうと思った。
大人になり家庭を持った自分が、その人の今を感じた瞬間の、一種の悲哀のような念?
昔から良い意味で変わっていないその人に、今の私はリアルタイムで共感を持つことが出来なかったのかも知れない。
嫌いじゃないだけに、ちょっと切ない気分。。


結局はヒトはみんな、一人・独りだけど、家族や仲間や社会の中での孤独感を発揮するのは、
出来ればTwitterの中とかじゃなく、クリエイティブな世界の作品の中に忍ばせることが出来たらいいし、
それが『現役』ということなんだと思ってしまった。。


だから、家族でも仲間でも友人でも、そういう帰属できる場を大切に出来ている人のTweetは、見ていて幸せな気分になれる。
反対に、幸せそうなものを祝福できない心が潜在している様子を感じてしまうと、私の心は萎んでしまう。
つまり、私の一番苦手とする人間の感情が『僻み』なんだ。


~~Tweet 引用ここまで~~

つまり、帰属するものへの愛情を持ち、大切にしたい思いを実践している人は皆、
著名人だろうが無名人だろうが、第一線にいようがいまいが関係なく、
みな一様に、立派な 『 現役 』だと思います。



この手のTweetは、10代の頃に大学ノート何十冊にも書き連ねた自己分析と、その傾向もベクトルも全く同じなので、そこに少し驚いてます。
個人のアタマの中を公開しているような。
あ、でもTwitterってそういう世界だからいいのか。。な?(笑)

Related Entries
  • COMMENT:4
  • TRACKBACK:0

4 Comments

Principessa  

No title

興味深いです。
「クリエイティブな世界の作品の中に忍ばせることが出来たらいい」っていうwordはすごく嬉しかったです。本当の自分の気持ちに乗れて動けて放出する為に私はパフォーマンスをしているようなものなので(w
「現役」もなるほどーでした^^

2012/08/26 (Sun) 23:56 | EDIT | REPLY |   

峰レア  

No title

>Principessaさん
いつか生でパフォーマンスを見てみたいなぁ~といつも思ってますよー。
言葉を越えた世界からの感動は大きいですよね。

2012/08/27 (Mon) 06:12 | EDIT | REPLY |   

オレンジ・ペコー  

No title

深いです。。
そして私は、現役ではないのかな、とか。
読みながら、考えがあちこちへ。

2012/08/28 (Tue) 15:33 | EDIT | REPLY |   

峰レア  

No title

>オレンジ・ペコーさん
逆説的な意味も出来るだけポジティヴなニュアンスで受け取っていいんですよ!
皆それぞれに頑張っていて、その人の努力はその人にしか分からないんですから^^
自分なりに頑張ってる人はみな現役でしょう。

2012/08/29 (Wed) 08:58 | EDIT | REPLY |   

Post a comment